よくあるご質問
HOME WordPressでホームページ作成 通常のホームページ作成 スマホのホームページ作成 コーディングのみ制作

かっこいいホームページVS検索されるホームページ

【かっこいい】と【検索される】が両立するホームページ。

最近のSEOブームもあって、テキスト中心のサイトが増えたせいか
「かっこいいホームページで検索順位も上位」のサイトが少なくなったように感じます。

関連:プールデザインのホームページ制作実績

「かっこいい」にも色々ありますが、例えばFLASHを挿入したり、 バックグランドにプロ用イメージを使うと、かなりかっこいいデザインが出来上がります。但しデメリットがあります。
目指す「検索性」が劣り、さらにページが重たくなる傾向にあります。

逆に文字中心のテキスト系ホームページは、「検索性」はダントツに高いのですが、デザイン性には優れず、味気ない(深みがない?)デザインになりがちです。

この正反対に位置する二つのホームページの「メリット」だけを実現するのは困難な作業です。

美味しいとこどりの手順

「美味しいとこどり」を目指すのであれば、手順があります。

それは、軸となる検索エンジンの特性を利用し、まず先に「検索性」の優れたホームページを作り上げてしまうことです。この時、とりあえず「かっこいい」は後回しです。
そしてその後、検索順位の様子を見ながら、徐々に「かっこいい」ホームページに模様替えするのです。

1. まず、検索エンジンで上位表示を狙います
この時は、まだテキスト系のホームページです。お客様を誘導できるキーワードを十分に
使用してホームページ内の文字情報を充実させてください。

2. Yahoo! Japan、Googleなどの検索結果を検討します
目的とするキーワードで上位表示されるようにテキスト系ホームページで検証を繰り返し
SEOの精度を向上させます。

3. ここではじめて「かっこいい」ホームページ作成へ移行する
検証と結果に満足できたら、その精度を維持しつつ、部分的に画像やFLASHを増やして
ホームページをリニューアルしていきます。

4. 最後の仕上げは、決して欲張らないこと
今のホームページをベースに、画像やFLASHはあしらう程度に。
また、いつでも初期状態に復帰できるよう、ホームページのバックアップを取っておきます。

いかがでしょう。一つ一つ潰していけば、なんとか出来そうな気がしませんか?

深みにはまるパターンは、最初にかっこいいサイトを作ってしまうこと。
これは、修正そのものがしにくく、コストも非常にかかります。

また、デザインが崩れるのを恐れて、大幅な改造が出来ず、小手先だけのテクニックに走りがちになります。テキスト系から始めれば、後はどんどん良くなるだけですから、ホームページ作成や工夫が楽しくなります。

  • お見積フォーム
  • よくあるご質問
PAGETOP